クックパッドには女神がいっぱい

カッテージチーズを自分でつくることが出来るなんて感動です。
しかもやり方は簡単で、牛乳とレモン果汁さえあればいいんですから素晴らしい食品ですね。
離乳食のメニューを考えている時にこの事実を知ったのですが、我が家ではクラッカーの上に生ハムと一緒に乗せて食べています。

おしゃれに見えるけど費用はほとんどかからないので、たまに夕食の一品として出すと夫が喜んでいます。
なにこれすごい!今日は頑張ったんだねと褒めてくれますが頑張ってないんですよねこれが。

いかに安く、手短に、高級そうに見える料理がつくれるかは意識しているのでおしゃれに見える盛り付けはできます。
けれど調理手順はほとんどがクックパッドを参考にしたものです。夫が喜ぶ料理の大半はクックパッドにアイデアを乗せる女神たちの力の賜物なんですよね。

宅配クリーニング比較

これを言ってしまうと私が毎日サボっていると思われるので口にはしません。しかしこれは事実です。
クックパッドがなかったら産後に手料理なんてしなかったんじゃないかと思っていますからね。
短い時間でおいしい料理ができるレシピを公開してくれる女神たちにいつも感謝しています。

食べるラー油とごはんですよは似てる?

妹にお使いを頼むととんでもない物を買ってきたりするのでドキドキします。
まず、こういう商品はどこにありますかと店員さんに聞けないというんですよね。恥ずかしいから嫌だ。自分で見つけると言い切るんです。
それでちゃんと見つけて買ってきてくれればいいんですけど、自分に甘い子なので見当たらないな。似てるやつでいいかと勝手に判断して買ってきてしまうんですよ。

例えば食べるラー油を頼んだらごはんですよを買ってくるんです。
食べるラー油ということはご飯にかけて食べるのかな。見当たらないから同じくご飯にかけるごはんですよでいっか。私頭いいなーと考える子なのです。
本人はちゃんと相手のことを考えて買ってきたつもりなので指摘すると怒るため、いつもあ、ありがとうと言っていますが心の中ではじめてのおつかいかよ!とつっこんでいます。

小さい子の方がまだ頼まれたものを買ってきそうな気がしますよ。
それにしても、私からしたら食べるラー油とごはんですよは似ても似つかないんですが、妹の中では同じジャンルらしいです。価値観って本当に人それぞれですね。